いけす監視ソリューション

いけすで発電!
発電した電気でいけすの映像監視や
状況把握が可能に!

太陽光発電と携帯電話通信網を利用することで、
洋上のいけすの映像監視や状況把握が可能です。

洋上の『いけす』で太陽光パネルによる発電と、海水温、流向・流速、風向、風速などのセンサーデータの収集およびカメラによる静止画・動画の監視を行い、携帯電話通信/衛星通信を使用してクラウド(J-Marine Cloud)へ伝送。陸上側でWebブラウザを使用した気象海象データの確認や映像監視が可能です。

いけす監視ソリューションの特長

  • 「いけす」+「太陽光発電」+「センサー、クラウド」とのコラボ実現
    洋上の『いけす』における発電、カメラ・センサーの設置および携帯電話通信網を利用してクラウドにデータ伝送を行うことで、今まで不可能だった陸上からの監視を実現。離れた場所の『いけす』の状況が把握できます。
  • センサーデータ(表層水温、流向・流速、風向・風速など)の収集
  • 静止画・動画による周囲状況の監視
    『いけす』周囲状況を最新の静止画で閲覧が可能です。また、動画もリアルタイムにストリーミング表示ができ、過去の映像も遡って閲覧が可能です。
  • メンテナンスフリーな蓄電池と太陽光パネルを採用
  • 携帯電話通信網、衛星通信回線(オーブコム衛星、イリジウム衛星)の利用

いけす監視ソリューションのシステム紹介

電源部、太陽光パネル、コントローラ、バッテリー、DC/ACインバータ。センサー部、気圧計、GPSコンパス、風向風速計、携帯電話通信網、カメラ、多層潮流計、ボックスコンピュータ、水温計 いけす(洋上)、携帯電話通信網/衛星回線、クラウド(J-MARINECLOUD)、カメラ画像、動画センサーデータ、WEBブラウザ(陸上)

このページのPDF版を読む

ページのトップへ