船の見える化を提供して「安全」「安心」をすべての人々に届けたい。それが私たちの想いです。

J-Marine Cloudとは?

船舶の見える化を実現し、
安全安心でスマートな運航管理を目指すサービスです。

海上分野においても船用衛星通信サービスの高速化、
定額制プランの登場に伴い、インターネット接続が容易となりました。
船陸間での情報共有やそれら情報の有効活用により、
さまざまなソリューションを実現できる環境が整ってきています。

従来では難しかった陸上からの船舶の見える化を実現。
更に多種多様なコンテンツを提供することで、
安全安心でスマートな運航管理を目指したトータルサービスの総称です。

J-Marine Cloudの3つの特色

海・陸から収集した情報をデータベース化

気象・海象情報提供事業者、陸上レーダー局・陸上AIS(別途設置が必要)などから収集した各種情報をデータベース化し、複数のモニタやパソコンに重畳表示

航海・運航に関する
さまざまな問題の解決

省エネルギー航行・環境対策・海賊対策など、陸上からの的確な運航支援や、運航に関してのさまざまな問題の改善・解決の支援に貢献します。

共通プラットフォームに
収集・提供

さまざまな情報を共通プラットフォームである「J-Marine Cloud」で収集することで、多様なコンテンツを提供することができます。

J-Marine Cloudでできること

サービス例

最適航路 /船の見える化サービス

経済的かつ安全安心な航海を支援

本サービスは船舶の経済的かつ安全安心な運航サービスを支援するウェザールーティングサービス情報の提供、および陸上から管理船の位置情報・機関情報・航海機器情報のリアルタイム監視を実現します。

精度の高い海事情報を取得

パソコン上で各気象・海象レイヤーを自由に重ね合わせることが可能で、より精度の高い海事情報を取得することができます。

詳しく見る

J-Marine Cloudのサービスイメージ

ページのトップへ